パチンコ エヴァンゲリオン7 攻略情報

エヴァンゲリオン7

CRエヴァンゲリオン7攻略サイトTOP

エヴァンゲリオン7スペック情報

エヴァンゲリオン7筐体全体図

エヴァシリーズも7弾目となり、ロングセラーを続けている。今回のエヴァ7は、演出面で劇場版を採用している為、今までのエヴァとは違ったイメージでプレイできる。特に、役モノであるロンギヌスの槍演出は見た目にも豪快かつ、信頼度も高い演出。スペック面では、1/309とミドルタイプで当たりやすくなっている反面、出玉が約1280~1350発と少ないので瞬発力に欠ける部分が否めない。2R確変の暴走かと思いきや、出玉ありのランクアップボーナスになったりとサプライズ的要素が増えたのも本機の特徴。当たり確定の全回転アクションも6種類とシリーズで最も多くなっており、見ごたえ抜群となっている。私も、現状ではレイ・覚醒・シンジ以外の全回転を見ていない為、早く全ての演出を見たいと熱望している。エヴァンゲリオン9の攻略情報が見たい方へ解析ブログ公開中

エヴァンゲリオン7解析攻略ポイント

エヴァンゲリオン7攻略ポイント

電チュー狙いで確変中に出玉アップ

近年のパチンコ機に多いのが、確変中や時短中に玉が減っていく現象。ホールがスルー周辺や電チュー周辺の釘を締めているのが原因の一つだが、もともとの性能が悪くなって点も否めない。しかし、エヴァンゲリオン7に関しては、ホール側が釘調整をマイナスにしたとしても、基の性能が高い為に減る率が非常に少ない。釘状態が良く、止め打ちを駆使する事ができれば確変中や時短中に出玉を増やすことも可能となる。最も注意すべきはワープ周辺の釘と電チューまでの道釘。変則開放ではいので、3回をセットと考えて止め打ちを行っていただきたい。

実際に打った感想としては、公開されているスペックよりも荒波に感じる。当たりまで異常に早い時もあれば、大きくハマル時もあり、乱数制御に問題があるか隠された内部モードがありそうな雰囲気。連荘しても出玉が少ない為、思ったよりも少ない発数しか得られなかった。時短中の引き戻しが何度かあったので、ここにも攻略ポイントがありそう。安定を求めてエヴァンゲリオン7を打つと、思わぬ挙動に困惑してしまうかも知れない。

エヴァンゲリオン7のモードを紹介

エヴァンゲリオン7覚醒モード

▼覚醒モード

パチンコのエヴァンゲリオンと言えば暴走と連想出来るほど認知度の高い演出。2R確変時に突入する演出で、原作さながらにコンローラーを使った「動け!動け!」の演出など新しい突入演出も追加されている。覚醒モードは全回転から突入するプレミアモードで、内部状態は暴走モードと同様。

エヴァンゲリオン7確変

▼確変モード

確率変動中の演出は通常時と同じ仕様になっている。確変中に全回転を引くと覚醒モードとなり、次回からは演出を覚醒のままにするか選ぶことができるようになる。時短中は通常時と同様の演出となるが、射幸心を煽るために内部的にアツイ演出を選ぶようになっている。

エヴァンゲリオン7ミッションモード

▼ミッションモード

突入した変動がチャンスとなり、3分・5分ミッションが基本だが1分ミッションだと当たり確定。ミッションモード自体は演出の為にあるだけなので、ミッション突入時の保留が全てなくなったら当たりの期待は無しと考えていい。追加ミッション発生時は当たりに繋がる率が非常に高くなる。

エヴァンゲリオン7

エヴァンゲリオン7筐体

エヴァ7攻略メニュー

攻略法が無料!

エヴァ7相互リンク

実機販売【PR】

中古のスロット実機・パチンコ実機をお探しの方は、パチスロわっしょいをご利用下さい。

※アフィリエイト広告募集中※

Copyright エヴァンゲリオン7攻略サイト.co.ltd
2style.net