地震 備え 準備 持ち出し品 必需品

まずは身を守る 〜安全の確保〜

揺れがおさまるまでは様子を見てください。
まずは、机やテーブルの下に身を隠してください。
決して、外に飛び出すようなことはしないで下さい。

二次災害の防止 〜被害の拡大を防ぐ〜

地震後の火災が被害を拡大させます。避難の前に火の元の確認をしましょう。
最近のガス栓は大きな揺れを感知すると自動的に閉止するようになっていますので、
身の安全を確保し、揺れがおさまった後の処置でかまいません。

また、ガスだけでなく、アイロンなどによる通電火災を防ぐために
ブレーカーも切りましょう。

非難はあわてずに 〜助け合いの行動を〜

避難を余儀なくされた場合、マイカーの使用は救急・救助活動の妨げになる恐れがあるので、
徒歩か自転車を押して避難してください。

避難の際には、TV・ラジオなどで最新の正しい情報を得るとともに、自治体からの情報にも
注意します。また、近所の方にも声をかけ、妊婦の方・お年寄り・子どもなど、避難に
支援が必要な方への配慮も忘れないでください。

地震対策ナビメニュー

地震対策ナビリンク

2style.net